CONTENT

文学研究科紹介

目 的

 時代とともに大学院に求められる役割も変化し、現在の大学院は基礎的研究を初めとした学術研究を推進するとともに、研究者および高度の専門能力を有する人材の養成という役割も担っている。特に、学部卒業生のみならず、いったん社会に出た後も常に新しい知識を獲得し能力を磨いていく社会人のリフレッシュ教育の必要性も高まっている。

 本大学院は、土曜開講を含む昼夜開講制を導入し、社会人の場合でも現職を離れずに講義が受けられるようカリキュラム編成や研究指導面について組織的・体系的な整備を図り、現在求められている大学院の役割に積極的に応えている。

沿革

1993年(平成5年)  英語英米文学専攻修士課程開設(昼夜開講制)           
1995年(平成7年)  社会学専攻修士課程開設(昼夜開講制)
1996年(平成8年)  英語英米文学専攻博士後期課程開設(昼夜開講制) 
               (修士課程は博士前期課程となる)
1997年(平成9年)  社会学専攻博士後期課程開設(昼夜開講制)
              (修士課程は博士前期課程となる)
2006年(平成18年)  比較日本文化専攻修士課程開設(昼夜開講制)
2008年(平成20年)  比較日本文化専攻博士後期課程開設(昼夜開講制)
              (修士課程は博士前期課程となる)

学 位

修士の学位
 本研究科博士前期課程・修士課程に2年以上在学し、所定の単位を修得し、必要な研究指導を受け、修士学位論文の審査および最終試験に合格した者に修士の学位を授与する。
●英語英米文学専攻  修士(文学)
●比較日本文化専攻  修士(文学)
●社会学専攻  修士(社会学)
修士論文予備審査基準
修士論文審査基準


博士の学位
 研究科博士後期課程に3年以上在学し、所定の単位を修得し、必要な研究指導を受け、博士学位論文の審査および最終試験に合格した者に博士の学位を授与する。
●英語英米文学専攻  博士(文学)
●比較日本文化専攻  博士(文学)
●社会学専攻  博士(社会学)
博士論文予備審査基準
博士論文審査基準

プリンタ出力用画面 友達に伝える
アクセス
HOT LINKS